スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界を変えたい」というひとへ
世の中には「世界を変えたいんです」というひとがいる。

その「世界を変える」というのは
具体的にはどういうことなのだろうか。

なぜ世界を変えたいと思うのだろうか。



世界は「変えよう」としなくても
自然に「変わって」いっている。



おそらく「世界を変えたい」と思っているひとは
何かドラマティックな変化を想像しているのだと思う。

そしてそのひとが世界を変えたいと思うのは、たいてい
「そのひと自身が」いまいる状況に不満足だからだ。
「皆がしあわせな世界にしたい」
というのは、建て前にすぎない。
本当は、そのひと自身が幸せになりたいのだ。



私たちはこのせかいに、すでに「参加している」。
好むと好まざるとこの世界をかたちづくるもののひとつであるのだ。
あなたがあなたであるだけで、すでにこの世界に何らかの影響を及ぼしている。
逆にいえば、あなたは必要があってこの世に存在するのであって
あなたがあなたのようであるのは、世界がそうであることを望むからそうであるのだ。

すべてはお互いと影響しあっている。

それを意識していなくても、あなたは世界にとって必要なことを必要なときに為している。
世界を変えようとしなくても、すでにあなたはこの世界の変化の一部を担っているのだ。


(ちなみに革命や危機(クライシス)における団結と、それによってもたらされる状態は、長く続かないことが多い。
なぜならそれは、波の盛り上がった局面だからだ。
気分の高揚した、ハレの状態だからだ。)


本当の変化は、起こるものであって、起こすものではない。

せかいが望むことをしていけば、ほんとうは総べてが自然になるようになっていくはずなのだけれど、意識が邪魔してうまくいかない。



「世界を変えたい」というひとへ

それぞれのひとたちが必要なことをしていけばいいと思うのです。
必要なことというのは、それをしていてあなたが心から快いと思うこと。
気がついたらしてしまっていること。
それをすることによって、周囲の人たちが幸せを感じるようなこと。

何も特別なことをしなくてもいいのだと思うのです。

急激でドラマティックな変化は、おそらく本物ではありません(全てとはいいませんが)。
自然(しぜん)をみてみてください。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。