スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足りるということ
ときどき、幼い日々のことを思い出す。

テレビはNHK以外見れず、夜になると外は真っ暗で
友達のうちまで歩いて20分もかかり
もちろんコンビニやゲームセンターなどは存在せず
深く深く語り合える友人もいず、
いつもひとりで畑か山か野原をうろうろして、
持っている本は何十回、何百回も読んでしまう……


そんな日々だった。


けれどもそれがこの私にとって
何よりも代えがたい贈り物だったのだ。


満ち足りるということを知っていた。
そしていまも知っていると思う。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。