スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」と「他力」
哲学・思想・心理学・文學・生命科学……


これらは総べて「こころ」や「生命」、「存在」に関する
違ったアプローチに過ぎない。

もともと同じようなものだ。



これらのそれぞれの「学問」には
ある「信仰」にも似た何かがあり、
「宗教」のようにも感じられたりするが
それは当たり前のことだ。
なぜならそれぞれの学問が目指すものの先に
明確な答などありはしないからだ。

明確でないものがあると不安なので
人はいつもその答を必要とする。


「人は死んだらどうなるのか?」
「魂は存在するのか?」
「意識とは?」


そしてそれぞれがそれぞれに
自分なりの答のようなもの___信仰を持っているのだ。
(「自分」では気がついていないとしても)


ところが、自分のそれに自信が持てないか
もしくはその重力に耐えることができなくなると
誰かほかの人の云ったことをすっかり自分の支えにしてしまう。

多くの所謂「宗教」はそうである。



もしくは、自分の「考え」をあまりにも信じきってしまうひとは
その頑(かたくな)さ故に、「自分」を超える自分の存在を
信頼し身を委ねることができない。

「自分には助けを求めることなど必要ない、
自分は自分(自力)で自分を助けることができる」
____「善人」とはこのようなひとだ。



自分はどうしようもない「悪人」であると自覚している人間は
すっかり自然(自分を含み、自分を超える何か)に身を委ねることをする。
それが浄土真宗でいう「他力本願」のようなものだと思う。

彼(女)は、すっかり楽にしているから
自然のほうも楽である。


一方で、自分の考えが正しいと思っている人間……
自分は何が良いかを知っていると思い込んでいる人間は
(もちろんそれが彼/彼女を幸福にするものであれば良いのだが)
それを手放して何かに身を委ねるということができないのだ。

彼(女)は、自分自身にすがっているので
他者を信頼して身を委ねるということができない。


このことは、川で溺れるひとを助けるときのことを想像すればわかる。

溺れるひとが、気を失っているか素直にあなたに身を委ねているかすれば
必死にもがいている人を助けるよりも楽に、川岸へ引っぱって行くことができる。

これは素直に「他力」を信頼しているからこそである。


「悪人」は「善人」よりも「他力」を素直に求める。




実はここでは浄土真宗の話をしているのではない。


「他力」(「他力本願」ではなく)とは「自然」とも「神」とも「仏」とも、または
「道(タオ)」とも「法則」とも呼べるもののことだと私は思う。
(もちろんこれは私のぼんやりとした意見であるので、思い違いかもしれない)


それらはわたしたちのこころをも含む全体のなかにくまなく潜んでいる。
何か別に存在するものではないのである。

おそらく。


仏教では生きとし生けるものすべてに「仏性」が潜むという。

ゴータマ・シッダールタは仏性を顕した「人間」であった。
仏性を顕した人間のことをブッダと呼ぶのであり、
ブッダという誰かが存在するということではないのである。



人は「神」や「仏」といったものが存在すると思ったりする。


しかし「神」や「仏」は「存在」はしない。
それは、あらゆるもののなかに潜むものである。

あなたの中にも、私のなかにも潜む「何か」
そして、私たちを超える全体にわたる「何か」を
「神」「仏」「道」などと別の言いかたで呼んでいるだけではないのか?


そうして考えると「他力」は実は自分のこころにも存在するということに気がつくだろう。



あなたは、自分以外の何かに身を委ねているつもりだが
実は「これが自分である」と思っている"意識"を含む
全体としての自分にさえも助けられているのである。


しかし毒矢の毒のことを知っても
肝心の矢が抜けないならば仕様がないのだ。


「如来」という「他力」を頼るということで
「悪人」が救われるのなら
それもまた「嘘も方便」なのだろう。




ああまたこうして
わけのわからぬ戯れ言ばかり抜かしている自分は
何とも愚かである。







スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

久しぶりです。
よく勉強されてますね。自分なりの考えをしっかり持っておられるようです。ところで今、私にはわからないことがあります。あなたの意見をお聞かせください。「善」とはなにか?
今、福井の医師の行為は善か悪か?色々論議されております。次元を変えてわれわれが人を殺せば殺人で当然世間では悪人でしょう。しかしもう少し世界に目を広げてパレスチナ、イラクなどの問題で考えてみる。戦争においては兵士は多くの敵を殺せば英雄となる。同じ殺人でも全く逆の評価となる。すると善悪とは?
yabu | URL | 2006/04/04/Tue 18:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。