スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危機感
小学生のころ、学研の「学習」と「科学」という雑誌を定期購読していた。「科学」には毎回実験キットがついていて、それが楽しみだった。

2年生くらいのことだったと思うけれど、冊子付録がついていて、ナントカという脳の病気で亡くなった同年代の女の子が描いた環境問題についてのマンガが載っていた。そして、地球がいまどんな危機的な状況にあるのかも。

それに刺激を受けて、私は友人たちと所謂「環境運動」をした。

スマートなことは何ひとつできなかったが、そのときいくつか学んだことがある。


それは、危機感をもたないひとに危機をうったえてもまったく相手にされないということと、効果的な方法を考え出さない限り、どんなに努力しても時間と労力を無駄にするだけだということだ。


あのとき、「はやく大人になりたい」と強く思った。



あれからもう15年近くが経過している。

あのときには既にこうなることは予測できていたというのに、
本気で対処してこなかった結果がこれだ。


社会を構成している「大衆」は、どんなに少数の人間が声をあげても自分たちの興味のないことには気もとめない。

「大衆」は目先の興味にだけ集中している。
そしてその「大衆」の行動が、多くの場合この世界の行く末を左右する。

「大衆」がようやく目の前の危機に気づきはじめたとして、少数の人間がずっと前に提言していたことが正しかったと判明しても、もう遅いのだ。
しかも(「アリとキリギリス」のように、キリギリスだけが困るのだったら自業自得で済むはなしだけれど)この少数の人たちが、彼らの尻拭いをするはめになったりするのだろう。

いよいよ、人類は滅亡の危機に直面している。







地震が来るかもしれないとちらりと考えたとしても、
ほとんどのひとがそれに対して行動をしない。
危機感がないからだ。

先日、「一日前運動」だかなんだかいう資料を見たのだが(自然災害などの被害者が、もち一日前に戻れるなら何をするかというメッセージを集めたもの)、そこまで切実になれるのは、実際に強烈な体験をしたからだろう。


ライフラインが切断された状況を想像してみる。
家屋が倒壊して、町中が火の海になることを想像してみる。
食料が不足することを想像してみる。




次の瞬間に何が起こっても後悔しないだろうか?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。