スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づかないから見えない
最近、ある韓氏意拳を学んでおられる方にきいた。
一瞬のうちに4、5人を打つことのできる剣士の話。

そこでよりわかったようなきがする。
彼は、他の4、5人よりも、「一瞬」が長いのだ。
同じ1秒でも、人によっては長さが異なる。

象の時間と人間の時間と蟻の時間は違う(ように感じられる)のだ。

アインシュタインはそのことを証明したのではなかったか?



ある人が瞬間移動できるのは、それを見ているひとにはその間の彼の動き…プロセスが認識できないからだ。

前の記事で書いた、電気が点いたり消えたり…という話はこのことを直感的に捉える助けになった。




気づいていないから、見えない、わからない。


宇宙においてすべては明らかなのに、私たちにはわからない。
すべての不思議は私たちの無知に起因している。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_ijin/archives/53978590.html

です。



よろしくお願いいたします。
ズィロ | URL | 2007/04/25/Wed 04:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。