スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたがあなたのようであるのは、
それが世界に必要だからだと思う。

私たちは、ある共通の方向に向かって成長していく
エネルギーではないかと思う。

あなたはあなたというかたちをとって
この世に存在しているが
それはこの世界の想いがそういうふうに結晶化し
立ち現れているように思えるだけではないだろうか。


あなたがだらしない(と社会のなかで評価されてしまう)人間であるのは、
それがこの世界に必要なことだからだ。
もしそれがあなたの本質の立ち現れたものであるならば。


誰かが富み、誰かが明確な思考回路をもち、誰かが健康であるのも
誰かが貧しく、誰かがのんびりとした性格で、誰かがいつも激しく揺れ動く性質の持ち主であるのは、それがその人の役割であるからだろう。


この世の中では、富んでいる者、頭のよい者、健康な者などが良いとされるが、そもそもこのせかいには陰と陽の両方があり、それでひとつなのではないかと、私は思うのです。
そして、すべてのものはこの陰陽の間でゆらいでいる。
すべてのものに陰陽が内在する。

陰だけ、陽だけ、ということはありえない。

この世のものは、すべて最初から必要があってそうあるのが自然というもので、富めるものが富んでいるのは、それがその人の役割であるからです。そう思います。

それをその人が自分の功績だとかいうふうに驕るのは、勘違いだということです。
誰かの幸せは、すべての人の幸せの一部にほかならない。

私たちは、深いところでひとつの共同体であるということを思えば、
エゴは弱くなり、安心して、自分の持ってうまれた役割に専念できるのではないでしょうか。


わたしが自然にわたしのようであることと
その「わたしの自然・自然なわたし」を伸ばしてやること

それが私がたいせつにしたいことです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。