スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さいころにすでにあったもの
最近は、よく自分の幼いころを思い出す。

充たされていたのを思い出す。



私はひとりでも寂しくなくて、でも皆といれると楽しくもあった。


何よりも好きなものは、土に触れたり野原で寝転がったり森を散歩したりしていたことだ。

そして、過去の栄光を振り返って懐かしく思うわけではないけれど、
一番のびのびとしていたのは、あのころだ。
創造性というものがあるのならば、私の創造性がかなり開花していたのもその頃だったように思う。


私が求める私の幸せな体験とはどういうものだろう?


どういうときがいちばん幸せだろう?


今だって、幸せな毎日を過ごしていけるのだ。



自分が望めば手に入ることを、どこかで忘れていたんじゃないかな。




そんなことを最近よく思う。
そして、1年前に比べて、格段に自分の毎日がそうした幸せに近づいていることに気づく。


私の夢のビジョンはだんだんと具体化してきている。
しかも実際は、予想を超えてすばらしいものになるだろう。

自分のイマジネーションの枠を超えたものを望む。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

イメージはたいせつよね。わたしも限りなくイマジネーション働かせて、暴力のない、戦争のない世界は必ず来ると信じてる。
おりーぶ | URL | 2006/10/03/Tue 14:39 [EDIT]
>おりーぶさん
この世をつくりだしているのは、私たちの思いだと思います。

おりーぶさんの部屋をつくりだしているのが、おりーぶさんであるように。
よし子 | URL | 2006/10/03/Tue 21:17 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。