スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学のこと その2
やっぱり戻ろうという気持ちにならない。
でも、100%キッパリ退学するという気持ちかというと
そうでもない。


優柔不断。




何が、「退学する」という決断を踏み止まらせているのか?

・「大卒」を放棄することを躊躇
 →「高卒」では、後々困るのではないか?
 →あと1年なんだし、「大卒」でないと……という打算的な考え?
 →自分自身への自信のなさ?

・大学で学ぶことの可能性
 →色々な国の言語や文化を一度に学べて、しかもそういう人脈を
  得ることができる大学は他にあまりないんだから
  この機会をもっと活かしたほうがいいんじゃないのか?

正直なところ、もう大学に戻って勉強したくはない。
それをひきとめるのは、私の打算的な思考だ。

気持ちは変わっていくんだ。
やりたいことだって、変わっていく。

根気がないのか、飽きっぽいのか、わがままなのか……
でもそれがわたしだ。
でも、きっと本当にやりたい核の部分はずっと変わっていない。
そのことに対する情熱らしきものは、決してなくしていない。


私は一体何をしたかったのか、それを想い出そう。
そして具体的にどうしたいのか、考えてみよう。



そのことに、大学で勉強することが必要か?

……色んな可能性を考えてみる。



「いいえ」

それが私の選択だ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。