スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしようもなーい。。。
今日は「どうしようもない感」についてです。

タイトルの「どうしようもなーい」に「。。。」がついているのは、煮え切らないからです。

*  *  *  *  *  *
私のこの「どうしようもない感」はほんとうにどうしようもないのだろうか。

まぁ少なくとも、今はどうしようもないのだろう。
で、「いまここ」にとどまることができないので、
「この先」のことを考えてしまう。

この先どうにかなるのか、それともどうにもならないのか。

考えても答えはでないのだろうけど、考えてしまう。




何がどうしようもないのかというと、
私は、誰とも継続して関係(たとえば友人として、恋人として)を
続けていくことができないんだなぁということが
なんとなくわかるからだ。


気分がコロコロ変わるし、誰かとずっと一緒にいると疲れるし、
ひとりが好きなのに、ずっとひとりだとさびしくなるし。

手にいれたいものはいつも手に入らないし(「無意識」に手に入れたくないと思ってるのかもしれないけど)、手に入ったものにはすぐに飽きるし。


わたしだけじゃないだろう。
「かたちは違えどそういうひとは結構いるよ」
というだろうし。(誰が?)


ちょうど、S局とN局の両端に自分が分裂していて、そのあいだのちょうどいいところに静かにしてはいられないような感じだ。
いつもS局とN局の間を、ブンブンと行ったり来たりして振り回されてる。そこに「気分」が生まれて、エネルギーが生まれて、しかもそれに翻弄される。

それに「乗る」こともできない。



あるイメージが浮かぶ。


知らない街で、ひとりで歩いている私。
道ですれ違ったひとや、スーパーのおばさん、カフェで隣同士になったひととはなぜか暖かく「交流」できる。

でも、ショーウィンドウには、世界の終わりみたいな顔をした自分が映っている。

あるとき、私は別の街へ移っていく。

それの繰り返し。




暗すぎる(苦笑)。




なんでだろ?


実はそういうのが好きなのか?
でも、そうでもないぞ。


きっと、もっと肉を食べるべきなのだ。

もっと眠るべきなのだ。

もっと恋をして、失恋して。。。



考えるとそれだけで疲れる。

今に満足してないからかなー。




人と話をしていて「それわかる」といわれたとき、
「わかってないだろう」と思うひとと、
「あぁ、このひとにはちゃんとわかってるな」と思うひとがいる。

「ちゃんとわかってもらってるな」というひとは、私には2人くらいしかいない。

私はその人たちと話しているときしか、こころのおくのことを話すことができない。
こんな私は高慢なんだろうか。


どこかで「もっと私のことをわかって欲しい」という欲求がある。

誰かとの関係において、一生懸命に聴いてくれてはいても、相手にそれを受け取るソケットがないとき、私は相手に興味をなくしてしまう。
残酷というか、傲慢というか。そういう部分がある。

自分のことしか考えてない?
そうかもね、そうなんだろう(この声は誰の声?)



あーあ。

もっとも、そういう自分の癖を矯正しようとは思えないから、それが生み出すいろんなことは、自分で引き受けるしかない。


なーんてアタマで考えてもぐるぐる回るだけで。



ともかく、こういうふうに書いてみることで、私がそういうものをもっている人間だということを知っていてもらいたかったのです。

私はこんな感じのひとです。
これだけでもないですが。




私はこの世界にとって必要ですか?
みんなにとって必要ですか?

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

なるほど
そうゆう感じなのですね。
(しかしながら、よし子さんの表現力には恐れ入ります。)
僕も「通じない人」とは話もしませんし、お付き合いもしませんよ。(仕事上で必要な場合をのぞいて)


最後のご質問にお答えします。

必要です。
suho | URL | 2006/09/13/Wed 01:48 [EDIT]
>suhoさん
ありがとうございます。

up and down が激しいもので。。。すみません。
でももう落ち着きました。

通じなくても、みんなといるのが楽しい部分はあるんですよ。その場にみんながいて、つまらない冗談を言い合っているような雰囲気、それも必要な気がしています。

ただ、深いところで話をしたいときに相手がいなかったりするとひたすら悶々としてしまうのです。

困ったもんですね(笑)。
↑笑えてるのでだいじょうぶだと思います。
よし子 | URL | 2006/09/13/Wed 13:25 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。