スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、自分のなかに潜む諦めの気持ちがむくむくと成長してきていて、それと闘っています。



「どうせ…」


と心が言うとき


こういう風にきいてみます。


「どうせ、何?」



投げてしまいそうになったりします。
が、何度も持ち直したりして。




「どうせ…」というときに、
私は私自身の今まで生きて選択してきたひとつひとつのことに対する責任みたいなものを放り投げようとしているんでしょう。


過去に傷つくような体験をしたとしても、
何か失敗をして苦しい思いをしたとしても、
誰かのせいにしたり、運のせいにしたりしているうちは
何も変わりはしないでしょう。

だからといって、全部自分の「所為(せい)」だと責めるとまたよくないんですけどね。



「どうせ私なんか…」



自分のことを諦めてしまったら、また去年の暗い冬のようになってしまう。

私は自分を諦めずにいられるのかな。




自分を諦めない?






自分の何を?




スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

「どうせ・・・」
くじけそうな気持ちと闘ってるんや。応援したい気持ちになる。でも、無為だとわかってはいても、そういう気持ちになる時があるのもわかる気がします。でも、僕はいつもよし子ちゃんからは何か熱い意思のようなものを感じます。

「本当に」何もかも投げ出したとき神の声が聞こえると聞いた事があります。「私」をあきらめたとき、初めて「つながり」を知るという人もいます。

「どうせ・・・」と言う時、そこには「あきらめ」だけでなく、何かかすかに、別の感情の声が聞こえるような気がします。なんとなく、その声を聞きたいな~って感じました。
kotaro | URL | 2006/09/08/Fri 09:42 [EDIT]
>kotaroさん
それはですね、私が”いじけ魔”だからですよ。

もっと自分にかまってほしいんです。
よし子 | URL | 2006/09/11/Mon 23:06 [EDIT]
う~ん・・・
なんだか、どう反応してよいかわからない感じもしつつ、
でも、もしそれがホンネ(の一部)なら、聞けてよかった・・・かな。

もし、立ち入りすぎていたならごめんね。
kotaro | URL | 2006/09/12/Tue 00:12 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。