スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪をひいて思うこと
風邪をひいている。


臭覚が麻痺してしまっているので
食べ物を食べても味がわからず、
お香を焚いても香りがわからず。。。



あらためて、
五欲(色・声・香・味・触に対する感覚的欲望)と
六欲(色欲・形貌欲・威儀姿態欲・細滑欲・人相欲)
を思い知らされる。




4~5年前に芦屋の美術館へ「美術館のピクニック」に行っていたとき
藤本由紀夫さんが、

「見えるのは、見えないから
 聴こえるのは、聴こえないから
(見えないのは、目があるから
 聴こえないのは、耳があるから、だったかな??)

と作品に書いていたのを思い出す。




味のない食事はおいしくない。
おいしくないから、食べたいという気がしない。

つまらない。

生きることが楽しいのは、この身体があるからだ。
この感覚があるからだ。
この欲があるからだ。

しかし、楽しんでいるのは、このこころだ。
苦しんだり楽しんだりするのは、このこころだ。




味のしない食事をしながら、
香りのわからないお香の煙が立ち昇るのを見ながら、
「幻」という文字を思い浮かべる。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

やっとパソコンが触れました・・・・((汗

・さん風邪ひいてるんですか??
味のしない世界は本当につまらないですよねぇ・・・
なんか何もやる気が起こらなくなる。
「五欲(色・声・香・味・触に対する感覚的欲望)
六欲(色欲・形貌欲・威儀姿態欲・細滑欲・人相欲)」←これ凄いですね!!本当にそうだ!!
D・D | URL | 2006/07/29/Sat 20:10 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。