スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふとんに入って
雨の音を聴いていると
なぜか気持ちが安らぐ

母の胎内にいたときの
血液の流れる音に
似ているのかもしれない



イランのように、滅多に雨の降らない地域のことを勉強しはじめてから
いま自分の住んでいる日本がこんなにも雨に恵まれていることを
一層ありがたく思うようになった。

腐海プロジェクトに植物はかかせないのだけれど
その植物も雨の降らない地域では生きることが難しい。



時折、洪水のニュースを耳にするけれど、
最近の洪水は天災ではなく人災なんだという気がする。

私の祖母の家は十数年前の洪水で屋根まで水につかり、流木で滅茶苦茶になってしまった。知っているひとが何人も亡くなった。
考えてみれば、あれも人災だった。


地面をコンクリートで固め、
ダムをつくり、水路をつくり、水の流れをコントロールしようとし、
木々を都合よく伐採して山を丸裸にする。




「自然と闘う」なんて云ったりするけれど、
自然に勝つなんていう考え自体、私にはわからない。

自然とは、目には見えない原理・法則。
それをよく知り、うまく味方につけることだ。
その自然の法則を「変える」ことなんて誰にもできない。

変わるはずであるのは、私たちのほうだ。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ご無沙汰、雨の音のなかで私もこんこんとよく眠った17日でした。

 ・ちゃんのいうように、天災でなく人災のことは多い。

いろいろ同感しているよ。
きよこ | URL | 2006/07/20/Thu 00:29 [EDIT]
>きよこさん
ご無沙汰してます。

>いろいろ同感しているよ。
ありがとうございます(^ ^)

それにしてもよく降りますね。
もうすぐ夏だー!
よし子 | URL | 2006/07/21/Fri 00:58 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。