スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたつのみち
幼いころ
自分の人生にはふたつのみちがあることを知った。


ひとつは 虚無として生きるみち
もうひとつは 人間として生きるみち


私は、人間として生きることを自ら選んだ

自分の使命を果たすために



そのころからこころの奥底にあるビジョンは
今も変わってはいない



でも昨年、人間の生がいやになって
(或いはその愚かさに失望して)
やっぱり無のみちを選んだほうがよかったのではないかと迷い
死のうとしたけれど
どこかで自分のことを信じている自分がいて
そしてその信じる気持ちがどこからくるのかというと
人間、そしてこの世界のことを愛しいを思っているからだった


自分ひとりのしあわせならば
どこか山奥にでも行って住めばいい

でも私はそうはしない







絶対肯定





愛しい愚かな人間よ
生きとし生けるすべてのものよ


幸せであれ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。