スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢だけど夢じゃない
一昨日、明け方に夢を見た。

圧倒的なリアルさ。
胸の痛み。涙。

もう完全に乗り越えたと思っていたことが
ぜんぜん乗り越えられていなかったとわかった。


夢に首根っこをつかまれて
「ホラ、本当のお前の気持ちはまだこうなのよ!しっかり見なさい!」と
否が応なく見せつけられ、納得した。


不安に思いながらも心の隅へ隅へと追いやっていたものたちが、夢となって私に呼びかける。


期待している自分。
わずかなことにもすぐ気が付く敏感さと
そこから芽生える恐怖。疑心暗鬼。
「あぁ、やっぱり。私の直感は正しかったのか」と
失望する自分。その裏にさらに見え隠れする過去の傷。
恐怖を生み出しているもの。




「夢でよかった」?
ちょっと待てよ、全然よくない。

夢だけど夢じゃない。

それは私にとっての、現実にそこにある問題なのだ。



こころに染みついてしまっているなにか。
魂の習慣。


私はこの夢が教えてくれたことと向き合わない限り、
この魂の習慣を改めることができない。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。