スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
断言できるものはないと思う
すべてのものごとは断言することができないだろう。

すべては、言葉で表現しようとすれば、矛盾してしまうからだ。
しかしこれは言葉が間違っているからではなく、
言葉の持っている性質がそうさせるのだと思う。



言葉は、あるとき、ある条件のなかでだけに限定されて用いられる。

「それ自体」は言葉では決して表現できないから、言葉はその周りをとりかこんで、「それ」がそこにあることを示す。

すでに「それ」を知る二者のあいだにおいては、なんという表現を使おうが、「それ」は阿吽の呼吸で伝わるのに、そうでないもの同士の間では、言葉はちぐはぐなやりとりを繰り返す。



あらゆることは言葉のうえでは矛盾するのだが、実際には矛盾していない。

あるひとつのものごとは、相反する性質を、本質的に含んでいる。
いろいろに「見える」だけだろう。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。