スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京、大阪、熊本
東京。

とあるセミナーを受けに行ったんだけど、久々の東京はなんだか今までと違って感じた。

何が一番違っていたかというと、妙に親近感を感じたこと。

特に電車に乗っていて、周りのひとたちの顔の骨格というか、感じが、関西人より自分に近いと思った。
これはあくまで自分の主観だし、東京には全国各地から人々が集まってくるのだから「関東の人」というふうに一括りにはできないのだけれど、その顔に顕れている何かが自分に近いと思った。

あと、高校や大学に入学したてのころと違って、東京の人ごみ(人の流れ)にさほど恐怖を感じなくなったこともあると思う。

なんだかしらないが、つまりはわたしが何か変わったということだろう。



大阪
大学に入学してから大阪に住んで7年目だけれど、大阪は私にとって何だろう?

何かぬるさを感じるようになってきた。
なんだろう?



熊本
もうだいぶ地元に帰ってない。
仲の良い友達のほとんどは、熊本にいる。
そこで仕事に就いている。

熊本は懐かしいけど。

…けど?




私の故郷はどこだろう?
そこは場所として存在するのだろうか?


私の中のなにかが、やっぱりここで疑問符を発する。



「私はきっと、どこにいてもいいんだろうな。」

と思ったりする。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。