スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初対面のひととのコミュニケーション
人に云われて初めて自分のことに気付くことは多い。

友人に云われてからしばしば振り返ってみてきたんだけど、どうやら確かに、初めて会うひととそれなりに打ち解けることが、そんなに苦労せずにできるらしい。
しかも、何語を話そうが関係ない。

うーーーーーーーーーーーーん。。。。。
何でだろう?
何をしてるんだろう?


自分がどうしているのかを振り返ってみた。


・笑顔。
・初めて会うひとだけど、あんまり「他人」って思わない。
・話し掛けることに抵抗感がない。
・言葉が通じなくても、相手の意図が何となくわかる。
 (表情とか、声のトーンとか、身ぶり手ぶりとか。絵を描いたりして)
・自分のことを先に話して、警戒を解いてもらう。
・相手との共通点を探す。
・相手を褒める。こころから褒める。
・相手の相談にのる。手を貸せることだったら即座に手伝う。


今思いつくのはこのくらいかな。
あんまり「他人」って思わないってことがいちばん大きいかな。
なれなれしいかもしれないけど。

壁があると思うと壁ができるように思います。
自分が開いてなかったら、相手も開いてくれない。

でも、初対面のときはうまくいくんだけど、付きあいが長くなればなるほど、いろいろと閉じてしまう傾向にあるので、今その習慣をあらためようと努力中。




*このあいだのワールドワークの、友人たちのレポートを読むと、英語にひっかかった人が多いみたいだ。

私は外大で外国語を勉強してるわけだけど、英語はもうかれこれ6年以上やってない。
でも、このあいだぽーんとアメリカに飛んだときには、それほど不自由しなかった。

あんまり言語に頼ってなかったからか、それなりに英語の基礎があったからか、よくわからないけど、正確にではなく、おおまかな意味だけつかんでればどうにかなったように思う。

あとは、「私は外国人だ」って思わなかったこと。
そうだ、それだ!
知らないうちに、「ポートランドに住んでるひと」になりきってた。
郷に入らば、郷に従え?



なりきることに抵抗を感じないみたいです。
カメレオンか水みたい。

なるほどね。
自分で納得。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。