スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歓びを味わうことについて
歓びを味わうことは自然なことだと思う。


「歓び」と「快楽」とは別のものだと私は思っている。


快楽は人を溺れさせる。

しかし歓びは人を高みへと引き上げる。





わかりやすいのは、セックスだ。

快感を追い求めることか、
相手との愛を深めることや男女(陰陽)の合一か。


自然に無駄なものはない。



人間は、肉体をもった存在だ。
人間は肉体以上の存在であるかもしれないが、それは肉体を否定することにはならない。


私は、「脳」や「魂」に傾くことは、危険だと思う。
物質だけでも、精神だけでもなく、その間のバランス。
陰陽のバランス。

どちらかが極まれば、自然はバランスをとろうと対極の方向へと動く。
その繰り返し。



しかし忘れてはならないのは、陰陽という二極は、実はひとつなのだということ

どちらかだけではこの世は成り立たない。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。