スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パトリック・ブランと「緑の壁」
壁に植栽をするのはとても難しいことだ。

金沢21世紀美術館の壁を植栽して、日本でも注目されつつある植物学者のパトリック・ブラン氏に私もとても興味がある。


↓これはブラン氏の日本での代理店(?)のホームページ
http://www.midorinokabe.com/



「その土地の植物をつかう」

ということはとても大事だと思う。
続きを表示する
スポンサーサイト
私の強迫性障害はなぜ消えたのか?
これは前にも書いたと思うけど、私は中学から高校にかけて「強迫性障害」というのになっていた。


いろんな症状があるのだけれど、私の場合は「汚い」と思うものに触れなくなり、手洗いがとまらなくなる、しかもそれをやめたくてもやめられないという症状だった。


「なぜそうなったのか」

ということを、そのころはひたすら考えていた。
自分のこころを観察し、分析しつづけた。


もともとそういうこと(自分の考えや行動の源を探ろうとする作業)をする傾向が強かったのだけれど、そのころは輪をかけてその傾向が強まった。


しかし、深く見れば見るほどに、症状はひどくなっていく。
手洗いがとまらない。
家のなかも、部屋の隅っこを伝うようにして歩く。
学校のトイレのノブに触れない。
などなど。。。



母が
「考えるのをやめなさい。あんたは考えすぎる」
と言った。


しかし、考えることは自然にそうしてしまうのだから、やめられなかった。



高校で一人暮らしをはじめて、症状はみるみる和らいでいった。
そればかりか、掃除をするときは、率先して誰もしたがらないような仕事をやるようになった。

「そうだよ、汚いものをきれいにしようとすれば、手は汚れる。
そして、手は洗えばきれいになる。でもそれは見かけの話で、掃除をして本当にきれいになるのは、自分のこころのほうなんだ」

言葉にすると説教めいたことになるけど、そういうことが「本当に」自分のこころで理解できるようになっていった。


そうして、強迫性障害の症状は消えた。




数年前、脳科学者の茂木健一郎さんに呼ばれて、心理学関係者の集まりに行ったことがある。
その後で、10人くらいの心理学者や療法士とお酒を呑んでいるときに、ふと私の強迫性障害の話になった。

自然に治ったのだという話をしたら、彼らは急に興味をもったようで、どうしたら治ったのかと聞いた。
今のところ薬物治療しかないという。
医者にもかからずに、なぜ治ったのか?


そのときは「何かに納得したからじゃないですかね」と答えたのだけど、いまだに私も何で症状が消えた(「治った」という言い方は好きじゃない)のかわからない。


こころのことは、いまだによくわからない。



私のこころには、私が自分で向き合うしかない。
最終的には。

みんなに共通しているものと、それぞれ違っているものがあるから。



あれ、まとまりがないな。





心理学なんてなくなってしまえ。
土地の問題
土地というのは、私にとって重要なテーマだ。


生まれ育ったのが田舎で、畑があり、山があり、川があるという環境にいたので、幸せだとかくらしというものが土地に密接にくっついてしまっているのだ。


土地は誰のものか。
なぜお金が生まれたのか。
私にとって理想のくらしとはどういうものか。

そういうことに興味があり、今に至っている。



アメリカの建築はなぜ高く(多階に)なるより横に広がるのかというと、それは単純に土地がたくさんあるからだ。
土地があって、建物を高くするよりも、横にどんどん広げるほうが安いから。

だけど、人が集まるニューヨークとかロスとか、そういうところでは
そうはいかないので、建物が高くなるし、土地も高くなる。



日本はこんなに狭くて人がいっぱい住んでいるから、広い家を建てるのは難しい。どこか田舎に住むのなら話は別だけど。



土地を所有するという考えが生まれたからには、こうなるのは仕方がなかったのだろうか。

ネイティヴ・アメリカンの言葉がこころにしみる。



私には夢がある。

ある空間をつくりたい。


イメージはある。


ただ、それを形にするのは難しいのだ。




【本田健さんの書籍のうち、新たに3冊が文庫化しました。
そのうち、『「ライフワーク」で豊かに生きる』っていう本は、とくにお勧めです。】


「ライフワーク」で豊かに生きる 「ライフワーク」で豊かに生きる
本田 健 (2006/09/16)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る
直感の裏には、じつは、
論理があり、経験がある。
(と思う)
キャラクター
中学生のころ、自分の中にいろんなキャラクターがいて、
それぞれに名前をつけていた。

一番多いときで、8人くらいはいたかな。

そのころの日記だとかノートを見ると、それぞれのキャラクター同士が会話をしたりしている。


キャラクターは高校のときまでに徐々に減っていき、
大学に入ったときくらいには、ぜんぶが私のなかに吸収されてひとつになった。


Metaphorical(隠喩的な)
気づいたことの覚え書きです。


私はなぜだか世界に起こることをメタファーとして見る癖がある。
一番古い記憶では、保育園に通っていたときのもの。

身近なものを観察して、そのエッセンスを見つけると、それはほかのものにもあてはまることがあるからだと思う。


ミクロはマクロを映し、マクロはミクロをうつす。
自然の法則のようなものかな。

でも、複雑系とは違う。
内なる導師
マイミクのさかもが寝る前に神様にお願いをしているという。

実は私も「神様みたいなもの」に問いかけをし、お願いをしている。
でもその「神様みたいなもの」というのは、実は広義での自分でもある。

自分の意識ではとらえることのできない、私のことを最もよく知る私がいて、いつも私のことを見守っているのだ。
私はそれを感じることができる、でも、その人(?)が知っていることを言葉で説明したりすることはできない。

一年くらい前に、ポートランドのプロセスワークセンターの学生であるきまとセッションをしたときに、それはネイティヴアメリカンのおじいさんの姿をとってあらわれた。

彼は静かな目でただ私を見ていた。
彼と私のあいだで薪がないのに紅い火が燃えていて、
彼はその火が消えないようにそこで番をしているのだ。

彼は何もいわないで、ただ私を見ていた。
私は彼のことをとてもよく知っていた。
そしてなぜか泣いてしまった。

それから、私は自分のセンターの存在を思い出した。



彼はいつも私が何をするのか知っているのだ。



そして、私がそれを成すのをじっと見守っている。
普段は忘れているけれど、ときどきその存在を思い出すたびに、
自信を取り戻すことができる。

謂れのない自信。
これは自分にしかわからないものだ。
ほんとうに幼いころから私がもっているもの。
でも、誰もそれを「教えて」はくれない。
なぜならそれは私だけのものだからだ。



ときどき、私はコケる。
コケる前に、さっと誰かが腕を貸してくれることはない。
「世界を包含するもっと深い世界」からメッセージが届くのは、
いつもコケて痛い思いをした後だ。

どうせなら、コケる寸前に助け舟を出してくれてもいいんじゃないかと、時々不満を持ったりするんだけど、痛みを感じることが私に必要なことだからそうなっているんだろうと思う。


暗闇のなかで次の部屋へのドアをみつけるためには、
必要なプロセスがある。
手を伸ばし、足を踏み出し、こけたりしている。
でもどこにもノブはみつからない。
だけど、それをしなければ、ドアは「現れて」はくれないのだ。

昨日もおとといも、何度も触ったはずの壁のところに、あるとき急にノブが出現する。

それは、昨日でもなくおとといでもなく、そのタイミングでしか開かないドアなのだ。それは突然あらわれる。現れるべきタイミングに。

でも、それがいつなのかはわからない。





村上春樹の小説のなかにでてくる羊男のように、主人公にとっての「現実」と「もうひとつの現実」のあいだをつなげる配電盤の役割を果たしている何かがいるのだ。そしてそれは自分自身でもある。
秋、ポートランドを思い出しながら
私の気持ちは山の天気よりも変わりやすい by よし子

自分でもついてけなくて呆然とするときがあります。
(ともかく、今は静けさを取り戻しております。)



さて、私は何かを思いついてもすぐに忘れてしまうので、咄嗟にその辺にある紙にメモったりします。

私のかばんのなかにはいつもメモ用のスケッチブックが入ってはいるのですが、間に合わなかったりすると、レシートの裏とか、ナプキンとかそんなんに書いたりします。

あとでそれをスケッチブックに書き写したり、そのまま記事にしたりして捨てるわけです。そうしないと家中紙くずだらけになってしまいます。



あれ、何でこんな話になったんだっけ?

…あぁそうだ。
今家のパソコンがネットに接続していないので、外で記事を書くのですが、家を出るときに「これを書こう」とメモっていた紙を忘れてきてしまったのです。

そんなわけで、いまタラタラと思いつくままに書いています。



最近はすっかり肌寒くなってきて、昨日は危うく風邪をひいてしまうところだった。

昨年の今頃はポートランドにいたのだけれど、ポートランドの感じとよく似ている。
部屋のなかにいると、まるで一歩外に出ればそこはポートランドなのではないかと思ったりする。

すごく寂しいけど、気持ちいい感じ。

誰も私のことを知らなくて、風は気持ちよくて、時間はたっぷりある。
英語が耳に心地いい。



何だろう?

何が言いたかった(もう既にどこかにいってしまったので過去形)のだろう?



とにかく、何かに反応していた私がいます。


マーケティング
今日は午前中にアルバイトの面接を受けに行き、そのまま採用が決定した。

新しい職場は専門図書館で、マーケティングの資料などを保管・管理している。


大阪の約400の商社がここと契約していて、たとえば「今度20代の女性を対象としたキャンペーン商品をつくるが、その年代の女性ならばどのようなものを好むのだろうか」というようなときに、ここへデータを求めに来るのである。


マーケティングというのは、セールスマンの前に「商品を売ってください!」というお客を並ばせる(見込み客に手を挙げさせる)ためにあって、マーケティングが上手くいっていれば、セールスマンは無駄な時間や費用、労力を使わずに済む。



まぁそんなこんなで、来週からは平日の昼間にそこで働くことになる。
アルバイトだから、被雇用者だ。自分の時間を売って、お金を貰う立場の人間である。

しかし、以前と違うのは、私は「ただの従業員」ではないという点だ。

私は「私会社」という企業の社長であり、自分のお金の流れを管理する人間である。ラットレースから抜け出すために、入ってくるお金の10パーセントは使わずに貯蓄し投資にまわす。それがまず一歩だ。

従業員のポジションでいながら、小金持ちになることは可能だ。
(ちなみに『バビロンの大富豪』という本をお勧めします。たとえ今借金がある人でも、お金持ちになることは十分可能なのです)

バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
ジョージ・S. クレイソン (2000/02)
キングベアー出版

この商品の詳細を見る




お金持ちになろうとして失敗する人のなかには、投資家やビジネスオーナーのなることでしかそれが達成できないと思っているひとがいる。

でも、そんなことはないのだ。

あっという間に手にしたお金は、あっという間になくなってしまう。
急がなくていい。
でも先延ばしにしてはいけない。



私はいま、先が見えないけれど、だからこそ着々としておくべきことをこなしておきたいと思う。
今朝の恐怖体験
今朝、5時か6時くらいだと思うけど、ちょっと怖い体験をした。


ノックの音がしたような気がして意識がめばえた。
それで、誰かが入ってきて
私の寝ている部屋のガラス戸の向こうに立っている気配がする。

私はびっくりして、目を開けようとするんだけど、
まぶたが重くてどうしても目が開かない。

その人(男)が、いまにもそのガラス戸をあけて
入ってこようとしているのに、目が開かない!



そのまま5分くらい頑張っていたんだけど、
またいつの間にか眠ってました。

いや~な感じでした。
どうしようもなーい。。。
今日は「どうしようもない感」についてです。

タイトルの「どうしようもなーい」に「。。。」がついているのは、煮え切らないからです。

*  *  *  *  *  *
私のこの「どうしようもない感」はほんとうにどうしようもないのだろうか。

まぁ少なくとも、今はどうしようもないのだろう。
で、「いまここ」にとどまることができないので、
「この先」のことを考えてしまう。

この先どうにかなるのか、それともどうにもならないのか。

考えても答えはでないのだろうけど、考えてしまう。




何がどうしようもないのかというと、
私は、誰とも継続して関係(たとえば友人として、恋人として)を
続けていくことができないんだなぁということが
なんとなくわかるからだ。


気分がコロコロ変わるし、誰かとずっと一緒にいると疲れるし、
ひとりが好きなのに、ずっとひとりだとさびしくなるし。

手にいれたいものはいつも手に入らないし(「無意識」に手に入れたくないと思ってるのかもしれないけど)、手に入ったものにはすぐに飽きるし。


わたしだけじゃないだろう。
「かたちは違えどそういうひとは結構いるよ」
というだろうし。(誰が?)


ちょうど、S局とN局の両端に自分が分裂していて、そのあいだのちょうどいいところに静かにしてはいられないような感じだ。
いつもS局とN局の間を、ブンブンと行ったり来たりして振り回されてる。そこに「気分」が生まれて、エネルギーが生まれて、しかもそれに翻弄される。

それに「乗る」こともできない。



あるイメージが浮かぶ。


知らない街で、ひとりで歩いている私。
道ですれ違ったひとや、スーパーのおばさん、カフェで隣同士になったひととはなぜか暖かく「交流」できる。

でも、ショーウィンドウには、世界の終わりみたいな顔をした自分が映っている。

あるとき、私は別の街へ移っていく。

それの繰り返し。




暗すぎる(苦笑)。




なんでだろ?


実はそういうのが好きなのか?
でも、そうでもないぞ。


きっと、もっと肉を食べるべきなのだ。

もっと眠るべきなのだ。

もっと恋をして、失恋して。。。



考えるとそれだけで疲れる。

今に満足してないからかなー。




人と話をしていて「それわかる」といわれたとき、
「わかってないだろう」と思うひとと、
「あぁ、このひとにはちゃんとわかってるな」と思うひとがいる。

「ちゃんとわかってもらってるな」というひとは、私には2人くらいしかいない。

私はその人たちと話しているときしか、こころのおくのことを話すことができない。
こんな私は高慢なんだろうか。


どこかで「もっと私のことをわかって欲しい」という欲求がある。

誰かとの関係において、一生懸命に聴いてくれてはいても、相手にそれを受け取るソケットがないとき、私は相手に興味をなくしてしまう。
残酷というか、傲慢というか。そういう部分がある。

自分のことしか考えてない?
そうかもね、そうなんだろう(この声は誰の声?)



あーあ。

もっとも、そういう自分の癖を矯正しようとは思えないから、それが生み出すいろんなことは、自分で引き受けるしかない。


なーんてアタマで考えてもぐるぐる回るだけで。



ともかく、こういうふうに書いてみることで、私がそういうものをもっている人間だということを知っていてもらいたかったのです。

私はこんな感じのひとです。
これだけでもないですが。




私はこの世界にとって必要ですか?
みんなにとって必要ですか?

そういえば今日は…
9月11日ですね。



あの出来事が多くの人々の、世界を見る目を変えたのかな。
家族、夫婦、個人、社会のものがたり
先日、大学を辞める件について父や母と電話で話し合った。

とはいえ、父と母はいまは一緒には暮らしていないので
母と電話で話し、母と父が電話で話し、父と私が電話で話すというような感じだったのだけれど。


私は10年前、中学を卒業すると同時に家を出て一人暮らしを始めたので、そこからはずっと家族と過ごしていない。
妹なんて5つ年下でまだ小学生だったから、今の彼女のことはほとんど何も知らない。


このあいだ、大学へ提出する書類をつくっていて、自分の家族の今についてあまりにも何も知らないことに驚きつつ呆然とした。

一体、私にとって家族って何なのだろう。




お金の問題や両親の不仲、それから自分自身の孤独感。
全部が絡み合っている。



私は私の人生を歩むのだと思っていたけれど、家族から目をそらすことはできないのだということを、電話で話していて思った。




私を育てた環境と、私との間。

過去の家族の思い出と、いまの家族との関係。



私と家族とのあいだでいろいろあるように、きっとどの家庭でもいろいろ問題はあるだろう。




父と話していて一番大変なのは、社会やお金に対する考え方が違うことだ。

父は「お前は社会の厳しさがわかってないから」と言う。
確かにそうだ。私は社会のしくみだとか厳しさをまだ何も知らない。
そして、父は娘の私を心配している。
で、そのことを受け止めた上で私は説明を試みる。
父のように、一生サラリーに頼って暮らしていくという人生を私は送りたくないということ。
私の家族がなぜ経済的に苦しい状態に追い込まれたのか、そしてどうやってそこから脱却すればいいのか、等々。。。



アメリカのカウンセラーのもとに持ち込まれる問題の多くは、お金がらみのことだという。

お金の問題が解決すれば、すべてが解決するというのは思い違いだろうけれど、確かにそれが解決すれば、ましにはなるだろう。


で、お金の問題を解決するためにはお金について学ぶことだ。
それは私がいまやっていること。
お金について学びたければ、お金の専門家に学ぶことだ。

お金について知らないカウンセラーに、お金の問題を相談しに行くより、お金の専門家のところに行ったほうがいいだろう。

日本でも、ロールプレイなどを通してお金について取り組むワークショップなどがある。参加者の多くが、癒しを求めに行ったのではないのに、結果的に「癒された」という。




なんだか話がそれたけれど、両親に子供のころに自分がどう感じていたのか、そしていまは何を思っているのか、そういうことを時間をかけて話していったところ、なんだかちょっとほっとした。



父も母も私のことを大切に思ってくれているということ。


それぞれのひとには歴史があり、いまのその人がいて…

そんなことを思った。




つながってるんだなぁ。
最近、自分のなかに潜む諦めの気持ちがむくむくと成長してきていて、それと闘っています。



「どうせ…」


と心が言うとき


こういう風にきいてみます。


「どうせ、何?」



投げてしまいそうになったりします。
が、何度も持ち直したりして。




「どうせ…」というときに、
私は私自身の今まで生きて選択してきたひとつひとつのことに対する責任みたいなものを放り投げようとしているんでしょう。


過去に傷つくような体験をしたとしても、
何か失敗をして苦しい思いをしたとしても、
誰かのせいにしたり、運のせいにしたりしているうちは
何も変わりはしないでしょう。

だからといって、全部自分の「所為(せい)」だと責めるとまたよくないんですけどね。



「どうせ私なんか…」



自分のことを諦めてしまったら、また去年の暗い冬のようになってしまう。

私は自分を諦めずにいられるのかな。




自分を諦めない?






自分の何を?




イロイロ
なんだか間がだいぶ空いてしまいました。
皆さん、お久しぶりです。お元気ですか?

最近はちょっとずつ秋の気配を感じるようになってきましたね。
私は1年のどの季節も好きなのですが、敢えて選ぶならこの秋という季節が(比較的に)好きです。でも年々春と秋の期間が短くなってきてるような気がするのですが…気のせいですかね。



さて。


風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー 風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
伊藤 信吾 (2006/08)
講談社

この商品の詳細を見る



最近、『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』なんて本を読んでみたところ、この豆腐をどうしても食べてみたくなり、「男前豆腐」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー(何だかこの間名前が変わって「京都ジョニー」になったみたいですが)」とを食べてみました。

感想は 「おいしかった!」 です。

豆腐料理専門店で食べる豆腐の味がしました。
うん、うまい。

でもここの社長さんは、この本が直後くらいに排水の問題だか「おから」廃棄だかで通報されて捕まったそうで、売る気満々だった書店の人間は残念だったでしょうね。

でもこの人、ほんとに努力してるんですよ。残念。
成功をよく思わないひとに通報でもされてしまったのでしょうか。。。



他人の成功に対して心から「おめでとう」と言うのは難しいですね。





それから、ケータイを変えることにしました。
ワンセグ携帯です。
黒か白かで迷っています。

これでテレビのない生活_______かれこれ7年目になります…(遠い目)
_______ともおさらばです。



てな感じでこの記事を終わりたいと思います。


Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。