スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3つのD___ダイアログ、ディベート、ディスカッション
対話、討論、議論

ひととひとが対話するということは、互いに相手の言っていることを受けとめることができ、尚且つそれを理解し尊重することができなければ、成り立ちません。

とても難しいことです。
スポンサーサイト
信じるこころ
それが唯一、ひとり歩む人間の支えになる。
いつかこのように死にたい
ここ数年来、自分が死ぬときを想像すると決まって思い浮かぶイメージがある。

それは、どこかの草むらに横たわっているイメージだ。
頭の近くに柴犬がいて、とても天気が良い。
時折、爽やかな風が流れる。
季節はたぶん5月くらいで、すこしひんやりしたやや深い草が身体を包んでいる。
私は、しあわせだなぁと思いながら死ぬのだ。

このようにいつか死にたいと私は思う。

”人生が目的自身になる”
これがつまり、分裂していない自己ということではないかと思う。
オキナワ
先日、沖縄本島へ行ってきた。
もっとゆっくりいたかった。

okinawa1.jpg

okinawa2.jpg

いろんないいところを移動しながら暮らせたら、
一生しあわせだろうな。


御巣鷹の尾根 1985/08/12
私は飛行機が好きだ。
身近に整備士がいるせいで、乗るのはもちろん機体自体もすごく興味深い。

その整備士が、このあいだ見舞いに来てくれた際、
うちのパソコンで一生懸命検索していた。
何かと思ったら、JAL123便のCVRの記録を探していた。

日本航空123便(B747SR-46)墜落事故CVR
(墜落現場から回収されたコクピット・ヴォイス・レコーダーの録音)

坂本九さんも亡くなったこの事故が起きた当時、私はまだ4歳だった。
1985年8月12日。
今まで、そんなに意識したことはなかったのだけど。。。
続きを表示する
Copyright © 腐海プロジェクト2005-2008. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。